就職活動をする時に、学歴はどれぐらい影響するものなのでしょうか。昔は、大学名や卒業した学校・学歴で採用が左右されていましたが、今ではそのようなことも少なくなり、むしろどのような資格や技術・知識をもっているかというところにポイントを置く企業が増えているように思います。どのような学問を勉強してきたのかというのは、企業ではあまり重要視しません。大学や短大・専門学校でどのような技術や知識を学んできたのか、また活用することが出来るのかどうかということが、就職に関する大きなポイントになっているように思います。
最近では、学問は当然ですが将来の就職を見据えた教育をしている大学や短大が増えてきました。今までは、大学や短大で勉強をして、卒業の時に資格を取得出来たりする受験資格を得ることが出来ましたが、今では在学中に資格が取れるように変わってきています。これは、資格を取得するために、また時間が必要になったり資格試験に落ちたために、就職が白紙になってしまうことを避けるためです。学校を卒業したのに就職出来ないといった問題を、出来るだけなくしてしまおうという学校の試みではないかと思います。実際に、在学中に資格を取得することが出来れば、精神的な負担もかなり軽くなります。卒業して資格試験に失敗し再挑戦する場合、合格する確率はかなり落ちるのではないかと思います。それに、資格を取得するまでの期間、どのように過ごすのかといった不安もあります。働かずに資格試験に向けて時間を使うことが出来る人ばかりではありません。多くの人が、バイトや何かしら働きながら資格試験に挑むことになりますので、モチベーションを維持するのは難しいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です