短大の就職率が下がってきている、という話があります。これは、今まで企業で分けていた一般職と総合職の区別をつけなくなってきたことが要因かもしれません。今までは、一般職の場合人手も必要ですし、仕事を覚える期間も必要でした。ですが、今ではどのような企業でもコンピュータが導入され、業務が簡略化されて誰もがすぐ仕事が出来る環境になってきたこともあるのではないかと思います。そのため、中学からコンピュータの勉強をするようになり、大学の頃にはかなりコンピュータが活用できるようになっている人は多いようです。企業が人材を育てる時代から、出来る人材を企業が採用する時代になっているのかもしれません。では、就職率が低下しているといわれる短大卒業者は、どのような対策をしなくてはいけないのでしょうか。
まず、在学中に資格を取得しておくことです。どのような仕事をしたいかによって必要な資格は違ってきますが、目指す仕事やポジションに必要なものは、在学中に資格を取得したり免許を取得しておくことが大切ではないかと思います。また、在学中に資格や免許を生かしたバイトなどの経験があると、より就職には有利かもしれません。やはり、実務経験があるのとないのとではかなり違いがあります。
大きな企業で人材を育てることに時間をかけられるところと、即戦力になり得る人材を欲しいと考えている企業とでは、人材の採用ポイントが違うということを知っておくことです。そして、自分が希望する企業はどちらのタイプなのか、客観的に判断する力も必要です。自分には何が必要で、その為にはどのようにしなくてはいけないのかといったことを知ることが、就職を成功させる道ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です